顔面神経麻痺には、鍼

予約電話 072-380-5138

顔面神経麻痺
まずは、顔面神経麻痺について説明します。
文字通り、顔面神経という神経が、麻痺することです。


パターンがいくつかあります。


顔面神経麻痺を大きく分類すると、

■ 中枢性 (脳の疾患)
■ 末梢性

に分類されますが、中枢性は、全体の1%にも満たず、
麻痺の仕方も末梢性とは異なりますので
見わけもつけやすく、病院で治療は完結している場合が多いです。


問題は、末梢性です。
末梢性もまた、いくつかに分類されます。


大別すると、
明確な原因があるものと、ないもの。


原因があるものの中で一番多いのが、
ヘルペスウイルスが原因で起こるハント症候群(ラムゼイハント症候群)と
呼ばれるもの。


そして、顔面神経麻痺を起こす最も、多いパターンが
原因不明のものです。
それを、ベル麻痺と呼んでいます。
全体の半分以上を占めております。



この全体の半数以上を占めているベル麻痺に
鍼灸は強いのです。


ちなみに、
原因不明とありますが、これはあくまでも
西洋医学的(病院的)な話で、
われわれ東洋医学(鍼灸的)においては、
原因はあります。


【体質+風です】


風には、冷たい風を
浴びすぎたり、浴び続けたり、
はたまた、季節外れの風などでも
顔面神経麻痺になったりします。
ですから、暖かい風とか、生ぬるい風とかでも
なります。



では、風を浴びた人が全員、顔面神経麻痺なるのか??


答えは、もちろん、「NO」です。


ここでも重要なのが体質です。
風に悪影響を受けやすい体質というのがあります。



この2つが絶妙に組み合わさったとき、顔面神経麻痺を誘発します。



ですから、
鍼灸では、この部分が改善ポイントとなります。



この疾患も他の疾患と同様、
鍼灸施術においては、
回復にむけての道筋が、しっかりとあります。



回復のための、ノウハウがあります。


1日でも早く、鍼灸施術をされることをオススメします。



理由は、
神経麻痺は、発症から時間が経つほどに
回復までの道のりが険しくなるからです。



最後になりましたが、
顔面神経麻痺の特徴を書いておきます。
もし、これらの症状が複数個あれば、
顔面神経麻痺が疑われますので
すぐにお越しください。


■ 顔の半分がゆがむ(ひっぱられる)
■ 口が閉じれず、飲み物などがこぼれる
■ 口がとがらせれない(口笛ふけない)
■ 目が閉じれない
■ 聴覚が過敏になり、音が響くような感じがする
■ 味覚障害が起こる
などです。


もし、これらの異変を感じたら、
または、すでにこの症状でお悩みの方
すぐにご連絡下さい。



顔面神経麻痺は、急になることが多いです。
日曜も営業しております。


完全予約制ですので遠方の方でも大丈夫です。
門真市・守口市・寝屋川市など、京阪沿線近隣市はもちろん、
高槻市・大東市・東大阪市・交野市・四條畷市・八幡市からも多数来院。


料金は、「一般はり」扱いとなりますので、5000円です。


予約電話 072-380-5138
予約